酸洗いってどんなの?

金属製品はプレスや切断、接合など様々な工程を経て製品に仕上がっていきます。金属を溶接した際、溶接部分がこれまでの金属の色とは明らかに違う、黒っぽいような、茶色っぽいような色が付着しているのを見た事はないでしょうか。これはスケールといわれる酸化皮膜で、酸洗いとはこのようなスケールを除去するために行われる化学洗浄の一種です。

化学洗浄は酸だけでなく、アルカリや溶剤といった化学薬品を用いて汚れや汚染を除去することをいいます。塩酸や硫酸を用いた酸溶液に長時間漬ける事で、もとの金属の色が戻ります。金属加工において、その後メッキや研磨といった処理をする場合にも、酸洗いをしておかないときれいな仕上がりにならず、重要な工程といえます。似たような役割をもつ処理方法にエッチングというものがありますが、熱処理などで生じた酸化皮膜を除去するのが酸洗いであり、常温加工で生じた金属表面の材質の変化(変質層)を除去するのがエッチングです。

酸洗いの危険性を知っておこう!

酸洗いは塩酸や硫酸といった強酸を用いて処理をするため、作業する際には薬傷の危険が伴います。手袋や作業服は耐酸性のものを着用するほか、顔を保護するマスクも欠かせません。被液に十分注意するとともに、万一被液した場合薬液を洗い流すことができる洗浄場所を頭に入れておくと良いでしょう。そして化学反応によって排出されるガスや、排水処理も、酸洗いをするうえで重要な責務といえます。これらの注意点を理解して安全な作業を心がけましょう。

酸洗いとは酸を使用して洗うことです。金属製品に付着している汚れや不純物などを落として製品の品質を向上させるために行います。